新潟イベント・セミナー・ワークショップ

新潟で開催のイベント、セミナー、ワークショップ情報のホームページです。学び・体験講座、異業種交流、仕事や趣味のスキルアップ、おでかけ、人とつながる催し場の提供など、開催告知や参加者募集ができます。情報の掲載は無料、ご利用も無料。イベント詳細ページ

心に語りかける里山の原風景 赤塚一写真展

新潟県長岡市
国営越後丘陵公園 里山フィールドミュージアム
国営越後丘陵公園 »
心に語りかける里山の原風景 赤塚一写真展 »

里山の風景や森の山野草などを楽しむことができる「里山フィールドミュージアム」では、5月28日(日)までの期間、赤塚一氏の写真展示を開催しています。

里山の味わいのある風景を得意とする写真家「赤塚 一(あかつかはじめ)」氏の写真展。

竹之高地(長岡市)で生まれた“雪布和紙(せっぷわし)”を使用した深みのある写真です。

期間:平成29年5月28日(日)まで 開園時間中

会場:里山交流館えちごにあん

料金:観覧無料

協力:アトリエ 光彩の家

光彩画(こうさいが)

写真は、その場その一瞬を立ち会って描くことから「“一期一会”を切り撮る」とも言われています。このようなカメラで描いた心象描写を赤塚一氏は「光彩画(こうさいが)」と称しています。

雪布和紙(せっぷわし)

竹之高地(長岡市)で原刀利松(はら とりまつ)氏が生み出した和紙。鈴木牧之(すずき ぼくし)の雪国越後の紀行文「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」にあやかって「雪布和紙(せっぷわし)」と命名されました。原料の楮(こうぞ)を雪に晒すという工程を入れることにより、きれいな白がでます。

また、里山フィールドミュージアムでは、5月7日(日)まで「つるしびな展」も行っております。

つるしびな展

江戸時代に始まったと言われる「つるしびな」は生まれてきた子供の幸せを願い、お母さんやおばあちゃん達が小さな人形を少しずつ持ち寄り作られていました。

期間:平成29年5月7日(日)まで 開園時間中

会場:越の里山館

料金:観覧無料

協力:つるしびなの会

チラシPDF 心に語りかける里山の原風景 赤塚一写真展 »
新潟イベント・セミナー・ワークショップ 活動する人のお役立ちサイト

開催予定一覧 »    アーカイブ(終了イベント)トップ »

新潟イベント・セミナー・ワークショップ 活動する人のお役立ちサイト